前へ
次へ

市販薬を買うときは医療の知識を持つ薬剤師さんに相談

風邪を引きそうなときや、風邪の初期症状でも医療機関を受診できないときは、市販薬に頼ることがあります。
市販薬を購入するときに気をつけているのは、必ずお店に駐在している薬剤師さんに相談することです。
現在抱えている症状を話して、それに合う市販薬を選んでもらっています。
薬剤師さんは、市販薬の説明をしてくれるのはもちろんのこと、薬やサプリメントとの飲み合わせも教えてくれるため、自己判断で市販薬を選ぶよりも安心感があります。
実は先日も気温の変化から体調を崩してしまい、ドラッグストアの薬剤師さんに相談して市販薬と栄養ドリンクをお勧めしてもらいました。
さらに、風邪を悪化させずに早く治すためのコツや、お勧めの食材なども教えてくれたので嬉しかったです。
薬剤師さんは医療に関する知識があるので、適切にアドバイスしてくれるので私にとって頼れる存在です。
これからも市販薬を購入しなければいけないときは、薬剤師さんに相談して正しく取り入れていきたいと思っています。

Page Top